2006年11月12日

イ・ビョンホン「顔隠して1カ月間タクシー運転した」

20061111134338-1.jpg

俳優イ・ビョンホンが「身分を隠して1カ月間タクシーを運転したことがある」という告白をしたとインターネット芸能スポーツ新聞スポーツカンが11日報道した。



イ・ビョンホンはこの事実を日本雑誌『クレア』最新号で明らかにした。雑誌によるとイ・ビョンホンがタクシーの運転をしたのは昨年、映画『甘い人生』の撮影を終えてオフだったときのことだという。



彼は長いオフの期間を利用して普段から考えていたタクシーの運転をしてみようと決心した。タクシーは、タクシー会社を経営する友人に借りた。運転するときはタクシー運転手の制服を着て帽子を目深にかぶり、自分の顔を見せないようにした。



イ・ビョンホンはこれに対して「しばらくの間休むので、良い経験になると思った」と明らかにした。「多くのお客さんを乗せたが大部分私とは思わなかったようだ」とし「ただ1人だけ気づいたが、そのお客さんはそれほど驚かなかった」と回想した。



イ・ビョンホンはタクシーを運行しても、お客さんから料金を受け取っていない。イ・ビョンホンは「私はタクシー運転免許がないので元々タクシー営業をしてはいけない。だからその代わりお客さんからはタクシー料金をもらわなかった」と説明した。



イ・ビョンホンは「以前から『俳優イ・ビョンホン』ではない普通の人として多くの人々と対話を交わしてみたかった」と打ち明けた。 joongang ilbo
posted by イビョンホン at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イビョンホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。