2006年10月13日

米誌「バラエティー」、イ・ビョンホン&チョン・ジヒョンの米進出に注目

20060415101341-1.jpg

世界的な映画専門紙「バラエティー」が李炳憲(イ・ビョンホン)と全智賢(チョン・ジヒョン)のハリウッド進出に注目している。



第11回釜山(プサン)国際映画祭の期間中にデイリーペーパーを発刊するバラエティーは、チョン・ジヒョンとイ・ビョンホンがハリウッドに進出する可能性が高いという見方を示した。カンヌ、ベルリン、トロントに続き、世界で4度目に、今回の釜山国際映画祭でデイリーペーパーを発刊するバラエティーは「アジア全域で高い人気を博しているチョン・ジヒョンがハリウッドに進出する計画だ」と報じた。



同誌は「チョン・ジヒョンは熱心に英語を勉強している」と紹介した。また「イ・ビョンホンは他のどの俳優よりもアジア、とくに日本でよく知られている」とし「『オール・イン』などのドラマと朴賛郁(パク・チャヌク)監督の『共同警備区域JSA』などで人気を博している」と伝えた。



続いて「イ・ビョンホンは英語で円満に意思疎通できる」とし「イ・ビョンホンが韓国と日本で高い人気を博しているため、ハリウッドの国際的なプロジェクトにキャスティングされる可能性が高い」と見込んだ。 joongang ilbo
posted by イビョンホン at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イビョンホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。