2006年09月06日

女性セブンイ・ビョンホンに公式謝罪

20060102164956-1.jpeg

李炳憲(イ・ビョンホン)に対して根拠のない熱愛説を書いた日本の女性週刊誌、女性セブンが、イ・ビョンホンと所属事務所ファントムエンターテイメントに公式謝罪した。



ファントムエンターテイメントは6日「女性セブンが7月に報道した『イ・ビョンホンと日本人女性との熱愛説』について、4日、公式謝罪文を送ってきた」とし「近いうちに女性セブンに訂正記事も掲載される予定」と明らかにした。女性セブンは人気女性週刊誌で日本有数の出版社である小学館が出版する。



今回の謝罪文は小学館女性セブン編集部編集長森万紀子氏名義で書かれている。女性セブンは謝罪文で「7月27日号に掲載された『イ・ビョンホンに呼ばれた女』という見出しの記事に対し、女性との交際を含むさまざまな部分で事実無根だという指摘を受けた。記事作成には万全を期していたが、編集部の再取材結果、指摘した記事の内容に対して事実可否を確認することができなかった」とし「イ・ビョンホンさんおよび関係者の皆さんに事実と違う内容を記述し、莫大な被害を与えたことに対してお詫びします」と述べた。



ファントムエンターテイメントのソン・ワンモ取締役は「日本で韓流スターに対して根拠のない記事が出てきても、たいがいそのままにする雰囲気だった。しかし韓流持続のために今回、強く法的対応を準備した」とし「今回の事例が日本のメディアに警鐘を鳴らすことができればと思う。後にでも事実無根の記事やうわさに対しては徹底的に対応する」と明らかにした。 joongang ilbo
posted by イビョンホン at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イビョンホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。